topimage

2017-10

手作りグラノーラを作ってみた - 2016.07.01 Fri

以前から気になっていた手作りグラノーラ

でも、お店で買うと200gで1,500円前後と中々のお値段...

それなら自分で作ってみようかなと調べてみたら以外と簡単に作れるっぽい

と、言う訳で作ってみました。


今回作ったグラノーラのレシピは以下の通りとなります。

【材 料】
オートミール 300g
全粒粉 100g
ミックスナッツ 150g
かぼちゃの種 70g
ミックスドライフルーツ 100g
メイプルシロップ 100ml
グレープシードオイル 100ml
バニラエッセンス 少々
シナモンパウダー 少々
塩 少々


それでは作っていきましょう

DSC_7526-2.jpg





DSC_7527-2.jpg

ミックスナッツを包丁で食べやすい大きさに刻みます

大きさはお好みでどうぞ




DSC_7528.jpg

ボウルに、

オートミール
全粒粉
ミックスナッツ
かぼちゃの種
シナモンパウダー


を、入れて軽く混ぜ合わせておきます。




DSC_7529.jpg

次にシロップです

メイプルシロップ
グレープシードオイル
バニラエッセンス

を、良くかき混ぜて馴染ませます




DSC_7532.jpg

先程のボウルにシロップを回し入れ生地に絡ませます

シリコンのゴムベラを使うと混ぜやすいですよ




DSC_7533.jpg

トレイにクッキングシートを敷いて材料を広げます

余熱をしたオーブンに入れ、150〜160度で15分程焼きます

私はオーブントースターしか持っておらず、一度に全量を焼く事ができなかったので二度に分けて焼きました。




DSC_7536.jpg

15分焼きましたら一度取り出し全体をかき混ぜ、さらに15分程焼いて下さい




DSC_7541.jpg

こんがりと焼きあがりました!




DSC_7534.jpg

自家製のドライオレンジです

自作の食品乾燥機で作りました

今回は、このドライオレンジも使ってみたいと思います




DSC_7535.jpg

市販のミックスドライフルーツと、自家製のドライオレンジ

それと、これも自家製のドライバナナチップ




DSC_7542.jpg

粗熱のとれたグラノーラをボールに入れて、ドライフルーツ達を混ぜ合わせれば完成です!!!




DSC_7539.jpg

出来上がったグラノーラは瓶に詰めて保存しています

小さな瓶は友人へのお裾分け




DSC_7544.jpg

自分用は少し大きめの瓶に保存しました

で、出来はどうかと言うと

スゴく美味しいです

自分で作っておいてなんですが、本当に美味しいグラノーラが出来ました

ミルクやヨーグルトと共に食べても良いし

何もせずにそのままポリポリと食べても美味しいです

コーヒーにもよく合います



簡単に作れてスゴく美味しい手作りグラノーラ

是非、お試しあれ!


多肉植物はじめてみました - 2015.07.02 Thu

DSC_7318.jpg

最近はフェイクの多肉植物で色々な物を作っていますが、

フェイクを弄っている内に本物の多肉植物にも興味が出てました。

どうしても育ててみたくなり、カット苗を購入。

普通に鉢植えの物を買えば良いのかもしれませんが、カット苗から増やしていく方が面白そうだったので...



DSC_7437.jpg

ホームセンターで育苗ポットと土を、100均でA4サイズのトレイをそれぞれ購入。

なんとかA4のトレイで4枚に収まりました。



DSC_7446.jpg

少し大ぶりな苗たち。

小ぶりな鉢植えで売っているサイズと遜色ありません。



DSC_7444.jpg

このトレイはカット苗感が全開の小さな苗たちばかりです。



DSC_7447.jpg

小さな苗と、小さな芽をつけた葉挿しをまとめました。



DSC_7445.jpg

幹から外れてしまった物や、苗を挿す時にじゃまだった葉たちは葉挿しにしています。



DSC_7442.jpg

葉挿しした物から小さな芽が出ています。

初めての多肉植物なので、無事に育ってくれるのを祈るばかりです。



ボトルテラリウム その2 - 2015.06.25 Thu

DSC_7419-Edit.jpg







DSC_7416-Edit.jpg

ボトルテラリウムの2作目です。

今回もメイソンジャーを使っています。

瓶の底にブルーとグリーンのカラーサンドを敷き、フェイクの多肉植物を配置しました。

前作とは違い、今回はシンプルに仕上げました。



DSC_7421-Edit.jpg







DSC_7424-Edit.jpg

前回はソーラーライトを仕込みましたが、今回はペンダントライトとして作っています。

口径E26のソケットで、コードの長さは50cm。

コネクターは一般的な角型引掛シーリングです。

白熱電球を使っています。

熱も持つのですが、使用している電球が7Wなので手で触れる程にしか熱くなりません。



DSC_7425-Edit.jpg







DSC_7427-Edit.jpg

一応、照明器具なのですがメインの照明に使えるほどは明るくありません。

瓶の底にカラーサンドを敷いているので真下は照らせません。

照明器具としてはダメダメなのですが、部屋の雰囲気作りには良いですよ。


ボトルテラリウム その1 - 2015.06.19 Fri

DSC_7354.jpg

メイソンジャーを使ってボトルテラリウムを作ってみました。


DSC_7357.jpg

メイソンジャーの蓋は2つのパーツで構成されているので、写真の様にリング状のパーツだけを使うという事も出来ます。


DSC_7356.jpg

白い小さな石を敷き詰めた上にフェイクの多肉植物をレイアウトしています。

どちらも固定していますので逆さにしても大丈夫なんですよ。


DSC_7360.jpg

蓋にはソーラーライトを組み込みました。

ソーラーパネルで充電するので電池は不要です!

辺りが暗くなると自動で点灯します。


DSC_7363.jpg

闇に浮かぶ多肉植物達が綺麗です。

ボトルから漏れ出す光は不思議な模様を描き出しています。



りんごジュースの瓶でペンダントライト - 2015.06.17 Wed

DSC_7321.jpg







DSC_7320.jpg

マルティネリ社のアップルジュースです。

瓶のデザインが可愛いので、空き瓶を色々と利用している方も多いかと思います。

私はその空き瓶でペンダントライトを作ってみました。




DSC_7332.jpg

以前から友人に作って欲しいと頼まれていたのですが

この瓶は飲み口が狭いので、そこに収まるソケットを探せず頓挫していました。

ところが、最近ふとした事でちょうど良いサイズのソケットを見つけたのです!

早速、入手したソケットを使って作ったペンダントライトがこれです。




DSC_7341.jpg







DSC_7342.jpg

ソケットの口径はE12と言う小径の物です。

コードの長さは約1m程あるので、天井から下げても十分な長さだと思います。

取り付け部は一般な角型引掛シーリングです。




DSC_7348.jpg

瓶の表面に模様があるので、明かりを灯すと個性的な光で照らしてくれます。

メインの照明にするには頼りない明かりなのですが、部屋のアクセントとして使えば面白いのではないでしょうか。

我が家ではカウンターテーブルの上のライティングレールに3個吊るして「おうちカフェ」ごっこをしています(笑)


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ぽこぽん2049

Author:ぽこぽん2049

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ボトルテラリウム (2)
多肉植物 (1)
瓶でつくるライト (1)
アクアリウム (5)
模型 (3)
雑記 (1)
おやつ (1)
未分類 (0)

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示